株式会社 山角興業

事業案内

水道工事

水道工事は老朽化した水道管の交換と維持を通じて、漏水や供給の不安定性を防ぎ、安全な水供給を確保するプロセスです。
工事では設計、施工、品質管理、安全性確保、道路の修復が行われ、信頼性の高い水道システムを提供します。
地域のインフラストラクチャーの重要な一部であり、安全な水の供給を確保し、緊急時にも対応可能です。

工事の流れ

水道管が老朽化するとひび割れや破断が発生し、漏水する恐れがあります。水道管の経年劣化は常に進んでおり道路下に埋設されているため目視できません。
道路下で漏水した場合、アスファルト舗装面の陥没や道路冠水により大きな事故につながる恐れがあります。
漏水に起因する事故や大地震でも断水せず安定した水の供給が行えるよう水道管の入れ替えを行っています。

水道水の用途

水道水は多岐にわたる用途に利用され、人々の飲料水から産業、農業、衛生、消火、温暖化の調整に至るまで、社会生活と経済活動において不可欠な役割を果たしています。
飲用水としての安全性、調理、身体清潔、産業プロセス、火災の消火、都市の温度調整など、さまざまな面で水道水の供給が必要です。
水道水は私たちの生活を支え、健康と経済的な繁栄に寄与しています。そのため、水道システムの保守と水質の確保は重要な課題であり、持続可能な供給を確保するための努力が不可欠です。

工事の内容

推進工法は、開削作業を行わずに推進管(下水管)の先端に推進機を取り付け、発進立杭に設置されたジャッキを使用して推進管を押し進め、地盤を掘進してトンネルを建設する方法です。
泥水式推進工法は、泥水式掘進機のチャンバ内を泥水で満たし、泥水圧を加えながら推進を行う方法です。この工法では、カッタによって土砂を掘削し、泥水として坑外に運びます。坑外のプラントで土砂と泥水を分離し、泥水は再び切羽(掘削面)に還流されて連続的な推進が可能になります。

水がみんなの家庭に安全に届く

水道工事は、老朽化した水道管の交換と維持を通じて、信頼性の高い水道システムを提供することで、私たちの生活に安全性、健康性、経済的な発展、緊急時の対応能力など多くの利点をもたらします。
清潔で安心な水を常に利用でき、地域のインフラストラクチャーが向上し、持続可能なコミュニティの構築が促進されます。

その他の土木工事

事業内容